イカ墨拓本2019

¥ 650,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1,000円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

第22回岡本太郎現代芸術賞入選展示作品です。

画材:カットキャンバス、ジェッソ、イカ墨、油彩、押しピン
サイズ:1690×1190mm

イカ墨拓本2019
いついかなるときもイカの支配下で生活しているイカ画家ですが、ゆくゆくはイカになり、イカに共食いされて終わりたいという願望があります。これは1番の願望です。
どうにか叶えたくていつも念じています。
イカになりたい。イカの気持ちを知りたい。いかんともしがたい思い。
毎日イカ墨を使って描いていて、イカそのものでイカを描いているのだと不意に強く意識する瞬間が降ってくることがあり、イカと一緒になれた気がしてそれはとても高揚します。
イカと共にイカを描いている。
もっと、イカを実感したい。筆越しのイカ墨を、もどかしく思います。
イカに少しでも近付くにはいかにして描いたら良いか。
イカはイカ墨で自分の分身をつくります。捕食されそうになるとイカ墨を塊で噴いて、敵がイカ墨のほうを食べて夢中になっている隙に逃げるのです。
私もイカ墨で自分の分身をつくりたい。
自身の肉体をイカにする作品を制作することにしました。肌にイカ墨を塗り、身体のパーツ毎に、イカの構造に倣って、キャンバスに付けて作る作品。イカ墨拓本です。
イカは頭足類です。胴体があってその上に頭があって頭から足(腕)が生えている身体の生き物です。図鑑に載っている写真のイカの身体と同じ配置になるようにします。上から第一〜四腕部分に左右の手足、眼と脳の部分に横顔、口器に唇、漏斗に臀部、外套膜の中には肝臓のある上部に腹部、生殖巣のある下部に胸を、キャンバスに付けて拓をとりました。
イカ墨まみれで、全身をイカに包まれてイカを描きました。
自分の肉体で作った分身のイカ。これでイカに近づけたのだろうか。
制作していくうちに、私には、足りないものがあることと、イカと同じ場所にいないことの現実を突きつけられました。
自分にはイカの持っている触腕や鰭や墨袋がないし、皮膚にはイカ墨を塗ったけど色素胞にはならなかった。
そして私とイカの間には水や空気や、時空、次元の透明の壁がある。
触腕と鰭と墨袋は筆を使って描き足したけど、
キャンバスの余白には海中でもない空中でもない無がある。
私はイカとは違う次元に暮らしている。
イカと私との障壁をなくしたい。余白にイカ墨を塗ってみたけど満たされなかった。イカと身体を繋がりたい。イカの身体全体を覆っている色素胞を上描きしていったら無を埋められそうな気がしました。
色素胞はイカの身体に無数に埋め込まれた色の袋で、イカの筋肉の収縮で面積が変化し、色や模様が次々に目紛しく移り変わります。芸術的なスクリーンのようです。
イカの生きている美しさがみえます。
色素胞を変化させ、周りに擬態し身を守り、獲物を惑わし捕食の手段に使い、威嚇や求愛行動など模様のパターンでコミュニケーションをとり、繁殖して命を繋いでいるイカ。
イカは生き物を食べてイカを食べて、イカは生き物に食べられてイカに食べられて、生活が続いています。食べて食べられて地球の全ての生き物がイカを介して繋がっている。境目はなくイカも私も融合できる。
点描し続けていると、段々と自身がイカの色素胞のなかに消滅していき、溶け合うのを感じました。そして色素胞のひとつひとつから、イカが生まれて、幼体になりその身体に浮かび上がった色素胞から次のイカの色素胞へと続いていきます。
多色の色素胞を描きながら、生きているイカのことを想っているうちに、本当はイカも体色を変化させて自身にディスプレイして己の心情を表現しようとしているのではないかという考えに至りました。威嚇や求愛行動のためだけではない心の動き。鮮やかに刻一刻と変わる色。イカのきらめき。
私はイカを表現したいし、イカもイカを表現したい。イカと私は同じ。
イカは、生きること以上に、自身の心を表現させることを大切にしている。イカの心は、表現せずにはいられない美しさだと感じる。
私がイカを描いているのはイカの美しさを表現したいのは、イカと私が繋がっているから、イカに描かされ、描くためイカに生かされているのだと悟りをえました。